BID-ENTRYは
入札参加資格申請の電子申請システムです。

BID-ENTRYは、総務省の進める標準項目に対応した入札参加申請の電子申請システムです。(独自対応も可能)
申請書や提出書類の審査は画面上で行い、審査結果メールが自動送信され、申請業務が完全にペーパレス化されます。
建設/測量コンサル/物品・役務、当初/変更/追加/随時と幅広い申請を網羅し、ほぼすべての申請業務に対応可能です。

総務省が進める「標準項目」に対応しました。2022年9月よりご利用いただけます。

BID-ENTRYでできること

  • 1.担当者の
    事務負担が激減

  • 2.申請者の
    経費・事務負担を軽減

  • 3.電子申請
    は簡単・便利

  • 4.審査楽ちん
    ハイレベル

  • 5.電子データで
    納品

1.担当者の事務負担が激減

紙申請から電子申請に移行すると、担当者の事務負担が激減します。窓口対応、封書の開封作業、書類の整理、書類不備の連絡、受付書の発行、申請内容のデータ入力など多くの業務が不要になります。

2.申請者の経費・事務負担を軽減

電子申請になることで郵送費やファイル購入など費用面で負担が減ります。書類はすべて電子ファイルになり、それらをアップロードするだけで短時間で申請は完了します。アンケート結果から93%の方が電子申請化を歓迎しています。

3.電子申請は簡単・便利

電子申請は電子ファイルをアップロードするだけ、簡単であっという間に申請が終わります。インターネットの繋がる環境があれば、どこでもいつでも申請が可能です。申請者用にYoutubeの動画マニュアルやPDFマニュアル、Q&Aなどもご用意しています。

4.審査楽ちんハイレベル

申請段階でのチェック機能、申請内容から提出書類の要否判定で、精度の高い申請が可能になります。審査結果は自動的に申請者に通知され、電話フォローが不要です。審査機能として、承認、補正要求、却下、保留、二段階審査などのハイレベルな機能を用意しています。

5.電子データで納品

審査終了後、申請情報をまとめて電子納品いたします。申請区分毎に業者一覧にいたします。(提出書類は申請者情報にリンク)電子ファイルだからパソコンで簡単に検索。必要な情報をいつでも取り出せます。※他のシステムと連携する場合は別途ご相談ください。

導入実績・採用事例

2021年11月現在、36自治体に採用いただき、申請者数は延べ30,000社を超えました。

A自治体様 2020年1月定期申請を実施。その翌年、補充申請を実施。
B自治体様 2021年1月定期申請を実施。2021年4月からは変更申請、随時申請を実施。
C自治体様 2021年に定期申請を実施。2021年4月に契約管理システムにデータ連係。(新型コロナ予算)

ご採用から申請終了までの流れ

ご採用から申請終了までの流れを、行政側、申請者側に分けてご案内いたします。

行政側の流れ ①お打ち合わせ(仕様決定)→②申請準備→③申請期間→④申請終了後

①お打ち合わせ(仕様決定)

ご採用後、初回の定期申請の約6カ月前からお打合せさせていただきます。

  • 詳細仕様決定
  • 申請の種類(当初、追加、変更、随時)、区分(建設、コンサル、物品)を確認し、
    スケジュールとチェックリストを使って、いつ何をご用意いただければいいのかをご提案いたします。
    仕様固めしやすいように、経験や事例から最適なご提案させていただきます。

  • 申請書(Excel形式)、提出書類の決定
  • 総務省の標準項目と申請要領を元に、電子申請用申請書(Excel形式)を設計・作成いたします。
    申請書情報から、より確実な書類がアップロードできるようにご提案をいたします。

②申請準備

申請が始まる約1ヶ月前までにご準備ください。

  • 審査環境の準備
  • 審査をするためのパソコンの準備です。インターネットが利用できる環境があれば特別な機材は必要ありません。
    Windowsパソコン、ネット環境、ブラウザ(推奨MicrosoftEdge、chrome)をご準備ください。

  • 公告ページのご準備と助言
  • 公告の準備にあたり、申請者がスムーズに申請できるよう電子申請に必要な公告内容(項目)を助言をさせていただきます。

③申請期間
  • 審査
  • 申請期間は次々と申請が届きます。管理画面から申請状況を確認し、審査(承認/補正要求/保留/却下)後の審査結果はリアルタイムで申請者へ自動的にメール通知され、受付書の発行はシステム側から出力できます。
    申請内容に不備があり、補正要求を行う場合は、書類を指定し、あわせて補正理由も通知することができます。
    申請担当者にメール通知されますので電話での連絡は不要になります。
    詳細は次の動画をご覧ください。

  • 問い合わせ対応
  • 申請者からの電話問合せは受けておりませんが、役所様への電話サポートを行っています。(有償対応は可能)
    動画マニュアル、Q&Aを用意しておりますので、それらをご確認いただくようお願いしております。
    ※技術的トラブルの場合は当社で対応いたします。

④受付終了後
  • データ納品
  • 各区分毎にまとめたExcel形式(1行1申請者)でデータ納品いたします。(提出書類は申請者にリンク)
    契約管理システム等へ連携をご希望の場合は、選定前の段階で、連携費用とフォーマット形式をご提示ください。
    既に連携可能なベンダーの契約管理システムもございます。詳しくはお問い合わせください。

申請者側(法人、個人、行政書士)の流れ ①申請準備→②申請期間

①申請準備
  • 公告ページの確認
  • 公告ページが公開されたら、申請に必要な書類などを確認します。
    納税証明書などの書類を取得し、スキャナーを使ってPDFファイルにします。
    Windowsパソコン、Excel2007以上、ネット環境、ブラウザ(MicrosoftEdge、chrome)、スキャナーが必要。
    スキャナーをお持ちでない場合は、コンビニのマルチコピー機をご利用ください。

  • 申請書(Excel様式)のダウンロード、入力
  • 公告ページがから申請書をダウンロードし、必要事項を記入します。詳細は次の動画をご覧ください。
    ※MicrosoftExcel(2007以降のバージョン)が必要です。

  • 利用者登録
  • BID-ENTRYへ利用者登録を行います。登録したIDやパスワードは他の自治体や翌年以降の申請にも利用できます。
    法人、個人、行政書士(代理申請)、組合の申請に対応しています。
    1法人のアカウントで複数の営業所を申請することが可能です。詳細は次の動画をご確認ください。
    ※メールアドレス、メールソフト、法人番号(法人のみ)が必要です。

②申請期間
  • 申請
  • BID-ENTRYにログインして申請書、提出書類のアップロードを行います。
    アップロード時、システムが申請内容や提出書類を確認し、記入漏れや書類の不備がチェックします。

  • 申請状況の確認
  • BID-ENTRYにログインすると、各自治体の審査状況が確認できます。
    また、審査が完了するとメールで審査結果が通知されます。

  • 再申請(申請に不備があった場合)
  • 申請に不備があった場合、補正要求がメール通知されます。内容を確認して、申請書(エクセル様式)、提出書類を修正した後、BID-ENTRYにログインしてアップロードし直します。

動画デモ・出張デモ

ご興味をお持ちの方にはZoomでのオンラインデモもしくは出張デモを行っています。
製品の詳細説明、導入方法、教育サポートなどについてご案内いたします。

利用料金

見積依頼書、またはお電話にて、お見積をご依頼ください。 後日、見積書を郵送させていただきます。
見積書は、システム準備費、申請時に運用費、サポート費に分けて、金額をお見積もりいたします。

FAQ

オンライン申請なった時の、業者の反応は?

ご利用者にアンケート調査を行っています。申請時に任意で答えられるようになっています。結果をみると、9割以上の方々から、便利になったと高い評価をいただいております。 従来の紙申請は、たいへん手間であったことがうかがえる一方、1割の方々からは初めてのことで戸惑ったとご回答されております。この1割の方々が便利になったと言っていただけるように業者サポートを充実させたいと思っています。

業者サポートはどうなの?

業者へのサポートは、今以上に充実させていきたいと思っています。紙マニュアル、Q&Aに加え、2020年度からは、観るだけで分かる動画マニュアルを提供しております。

BID-ENTRYの動画マニュアルはこちらからご確認ください。

紙を読み慣れていない方でも動画なら、観るだけで十分イメージができるようになります。

システムを利用するために必要な動作環境は?

利用者様は、Windows10のPC、ネット環境、最新のブラウザ(GoogleChrome、MicrosoftEdge)、MicrosoftExcel(2007以降のバージョン)をご準備いただくだけでご利用頂けます。 特に、その他に特別必要なものはございません。※MacPCやバージョンの古いブラウザやExcelでは利用することができません。

初期導入までにどれぐらいの期間が必要ですか?

標準的な期間は、お申し込みをいただいてから、概ね6ヶ月となります。申請書フォーマットの作成、提出書類の確認、サイトの準備、テストなど、初期導入までに6ヶ月程度のお時間を頂戴しております。

更に詳しくお聞きになりたい場合は、お電話、または下記のお問合せフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ
S
S